ご当地グルメうまいもの情報/B級グルメから調味料まで

うまいものを食べると、なぜか幸せになります。 うまいものが大好きな人のために、ご当地グルメや特産品、人気の食品や話題の商品など、 うまい食べ物の情報を紹介するブログです。

銘酒

前回は佐渡のお酒でしたが、今回は青森。

青森が県を挙げてこだわったのが、『純県産』

水はもちろん(銘酒あるところに名水あり、です)、お米から麹菌まで県独自の物を開発したそうです。

お酒の米としては「山田錦」が有名ですが、青森の気候では育ちにくい。
そこで青森でも育つ大吟醸に向いたお米を、15年もかけて開発したんだそうです。
その名も『華想い(ハナオモイ)』。
山田錦に華吹雪という品種を合わせて作りました。 スゴイ。

大吟醸のまろやかな味を作るためには、お米の表面を60%もそぎ落とすんだそうです。
純粋なデンプンをとるために。
つまり、収穫したお米の6割を、お酒のために捨てているわけです。
いいお酒を造るために6割捨てるのか、6割も捨てるからいいお酒ができるのか・・・ ん~ン。

このお米を蒸したものに酒母(シュボ)を与えます。
青森は酵母も県産にこだわり 、3年かけて独自の物を作りました。
『イ号酵母』、『華想い』に比べると、ネーミングにやや潤いが不足しているのが何ともざんねん。

蒸米に種麹をまき、増やしたものが麹。
麹を育て、蒸米と酒母と仕込み水を加え(これが醪:モロミ)、この作業を3回繰り返します。
三段仕込みというんだそうです。2回なら二段仕込み、でいいのかな?

1か月発酵させて、それを絞って大吟醸が出来上がるんだそうです。


*テレ朝系 学びEyeより

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

何十年も前になりますが、『原酒』というのをいただいたことがあります。
出来立ての清酒の、上澄みのいいところだけをとったもの、聞かされたんですが、旨かったという記憶があります。
同じ酒蔵かどうか忘れましたが、『松茸酒』がありました。
松茸の半身がモロ入っていて、これがうまいかというと、松茸の臭みが出て、なんともいただけません。
珍しきゃいい、というものではないという教訓にしています。

ちょっと前、琥珀色に変色したお酒をもらってきました。
そこのご主人はお酒をあまりたしなまないんだそうで、もらったまま床下にしまって忘れていたんだそうです。
これがうまかったんです。冷暗所におかれていたから、酢にならずに熟成されたんです。(と、管理者は信じています。)

酒好きで有名な作家、開高健が、どこかで日本酒の古酒がうまい、と書いていたのを思い出しましたが、管理者が飲んだものがその古酒にあたるのかどうか。
どうであろうとうまきゃいいんで、うまい酒を飲んだんだから、寿命が1年延びたに違いありません。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

日本酒は一時需要が落ち、多くの酒蔵が廃業しました。
しかし、女性にも飲みやすいようにソフトにしたり、独自の製法を研究したりで、いまや世界でもSAKE愛飲者が増えています。

たしかに昔は日本酒の臭さが立って、一時期ほとんど飲まなくなったんですが(安酒ばかり飲んでいたからだという意見は、無視)、今はまろやかになって、美味しくなり、冷やして飲んだりレモンを絞ったりして愛飲してます。
今度、日本酒のソーダ割りを試そうと思ってます。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

世界に日本酒を発信している酒造の一つに、佐渡に140年続く『北雪酒造』があります。

世界に打って出るだけあって、大変なものです。
地下に氷温蔵を作って貯蔵。そこで超音波をあてて熟成。喜多郎の音楽と佐渡の波の音をMIXさせて聞かせています。
こうすることで、まろやかでおいしくなるんだそうです。

以前、欧州のどこかの海(たぶん地中海)で沈没船が発見され、大量のワインが出てきて、それがとてもうまかったというニュースがあったのを覚えています。(本当にうまいのか、どううまいのかは、飲んだことがないのでわかりません。)(o^∇^o)ノ
日本酒もワインも醸造酒で、醸造酒が船で揺られると美味しくなるというのは、日本でも海外でも経験的に知られていたことです。

音楽を聞かせるというのも、実は以前TVで見たのですが、クラシックを聞かせて野菜を育ている農家があり、発育がよく、おいしく出来上がるんだそうで、何か関係ありそうです。
ちなみに、ロックを聞かせたら腐ったそうです。ハハハ(ホントかなァ)

『北雪酒造』さんはそれらを人工的に再現しているわけで、大変なこだわりですね。

この『北雪酒造』さんが販売している「YK35」という銘柄を、ロバー・デ・ニーロが愛飲しているんだそうです。
(デ・ニーロ本人から直接聞いたわけではありません。あしからず。)

機会があったらぜひ飲んでみたいものです。

*テレ朝系番組”学びEye!より

 *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

bg_mainvisual_08_2
日本銘酒通販
― 贈答にも喜ばれる日本の銘酒をお届けするショップです


 




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ