お酒、グルメ、雑学 Blog

お酒やグルメなど、うまいご当地グルメ、お取り寄せグルメ、人気の食品、食べ物など、いろいろな雑学のブログです。

缶詰の栄養

アンチエイジング効果が高いということのためか、サバ缶が大人気で、
一部のスーパーの缶詰の棚からは、サバ缶だけがなくなっているという現象がおきているそうです。

そのわきには、サンマやイワシなどの缶詰が積み上げられています。
でも、サバ缶意外のほかの魚の缶詰にも、
アンチエイジング効果や健康・美容にかかせない栄養成分がサバ缶に負けず劣らず多く含まれています。
それぞれの缶詰について、特徴をまとめてみました。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

<サバ缶>
  • 認知症予防。
  • 動脈硬化の予防。
  • 骨を強くする。
  • 血液をサラサラにする効果。
EPA、DHAは、生よりも、1.6倍。 骨も食べられ、カルシウム量は生の35倍。 脂質に富んでいて、中でも多価不飽和が群を抜いて多く含まれています。 ビタミンD、 ビタミンB12、 ナイアシン(ビタミンB3) が多く含まれています。 オメガ3脂肪酸は、ほかの食べ物の中でも一番多いといわれ、 高いアンチエイジング・美容効果とともに、脳卒中や高血圧などの生活習慣病から身体を守ってくれます。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

<サケ缶>
  • アスタキサンチンが多く含まれます。
  • イミダゾールペプチドが多く含まれます。
  • 糖質の代謝を促すビタミンB1。
  • 脂質の代謝を助けるビタミンB2。
他に、ビタミンA、 ビタミンD、 カリウム、 カルシウム、 リン、 DHA、EPAなどがあります。

※アスタキサンチンは老眼の原因を作る活性酸素を攻撃、取り除いてくれるので、老眼を改善してくれます。
※脳疲労すると調節能力の低下がおきます。その回復にイミダゾールペプチドが大変効果があるということが最近の研究で分かってきたそうです。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

<イワシ缶>
  • 高血圧改善。
  • 血管を柔らかくするEPAが、サバ缶の2倍も含まれています。   
  • 高血圧予防。
  • 認知症予防。
  • 動脈硬化予防。
  • 肝機能強化。
  • 眼精疲労緩和。
  • 骨粗鬆症。
  • 貧血予防。
栄養面でも良質のタンパク質や骨を丈夫にするカルシウムは100gあたり70mgと多く、
カルシウムの吸収率を約20倍にもするというビタミンDを豊富に含んでいます。
糖質・脂質の代謝にすぐれ、細胞の再生をつかさどるビタミンB2が多いのも特長のひとつです。

ビタミンB2は細胞の再生やエネルギーの代謝を促すので、
健康な皮膚、髪、爪の維持に欠かせない栄養成分です。
また、体内で過酸化脂質の分解を助けると言われている。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

<マグロ缶>
  • 貧血予防。
  • 代謝促進。
  • 肝臓強化・胆石予防。
  • 動脈硬化・心疾患予防。
  • 高血圧予防。
  • 視力回復。
  • ストレス抑止効果。
DHAが多く、
ほかに、セレン、鉄分、ビタミンE、タウリン、イミダゾールペプチドなどが含まれています。
脱毛、肌荒れ、味覚障害に役立つ亜鉛。
体内の水分を正常に保ち、神経や筋肉の機能を助けるカリウム。
マグロの赤身には、良質なたんぱく質が豊富に含まれていて、脂肪肝を防ぐ効果があります。

kan3syake
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

魚の缶詰、特にサバ缶は人気なので、100種類以上も作られているそうです。

味がシンプルでいろいろな料理合わせやすい水煮缶が特に人気のようですが、
サバを買ってきて圧力鍋で煮立てたら、缶詰と同じものが作れるかというと、
そうはいかないそうです。

圧力鍋では水が多くなってしまうので、うま味が分散して薄くなってしまいます。

缶詰は狭い空間に閉じ込められているので、うま味が凝縮され、
水煮缶の塩水(1%以下)という濃度が、サバのうま味をより引き出してくれるのだそうです。

しかも賞味期限はほとんどが3年なのですが、製品になった後も缶内で熟成するので、
賞味期限間近かが一番おいしいそうです。
少なくても、製造日から半年以上たってから食べるのがお勧めとのことです。
sabacan
魚の缶詰 は、  
新鮮な生のままの魚を缶の中に封じ込めている
調理の過程で逃がしてしまう栄養素もまるまる汁の中に閉じ込めている
高温高圧加熱により骨まで柔らかくなり、お年寄りでも食べられ、カルシウムが摂りやすい
日テレの『所さんの目がテン』によると、サバ缶には、生よりもDHA、EPAは1.6倍、カルシウム量は約35倍あるということです。

鮮度の高い原料が使われ、しかも生で食べるよりよりも栄養豊富でおいしい、
かつては、本物の魚やお刺身は高いので缶詰を食べた、という安物感が強かったのですが、
今や、缶詰のイメージは一変し、中には高級「グルメ缶詰」というものも販売され、人気だそうです。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

※注;ここででは番組が与えてくれる情報をまとめています。
缶詰特集とは関係ない番組の中でたまたま見たのですが、巨大な冷凍倉庫に大量の冷凍のサバがストックされていて、
それが一晩で捌けちゃう、行き先は缶詰工場だということでした。
つまり、番組の情報がすべてではなく、ほかにもいろいろな缶詰があるということです。
サバ缶の価格もピンキリで、その差はこういうところにあるのではないかと思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ