京都にある『大市(ダイイチ)』は、江戸時代から約330年続く、すっぽん一筋の老舗名店です。
メニューはすっぽんだけ。
老舗と言われる昔から代々続く企業の数は、日本が世界一なんだそうで、その中でも330年はすごいです。
(一番古い店として、平安時代から続いている店がある、と記憶しているんですが…)

創業は元禄年間、初代近江屋定八は武士だったそうです。

今の建物は江戸末期に建てられたもので、入口のところの柱に刀傷があります。
幕末頃の刀傷といえば、勤王と佐幕の志士の争いで付いたものと、相場が決まっていそうですが、
じつはこの傷、店がしまったあと来てすっぽんを食い損ねた武士が、腹いせに付けたものなんだとか。
いつの時代にも、ロクでもない奴はいるもんです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;.。o○o。.★.。o○o。.☆

すっぽんはほどんどが養殖ですが、養殖しているところは静岡の浜松、
うなぎよりもすっぽんの養殖の歴史のほうが古いそうです。

50mプール410個分にも当たる敷地で、天然に近い飼い方をしているそうです。
鳥で言えば、ブロイラーっじゃなくて、地鶏の感覚。

ここで3~4年育て、箱詰めにして年間50t、全国に出荷しています。

『大市』のすっぽんもここのものですが、『大市』専用の特別の飼い方をしているそうです。


*BSフジ ”京のいっぴん物語”より

;
;