ご当地グルメうまいもの情報/B級グルメから調味料まで

うまいものを食べると、なぜか幸せになります。 うまいものが大好きな人のために、ご当地グルメや特産品、人気の食品や話題の商品など、 うまい食べ物の情報を紹介するブログです。

吉田うどん

吉田うどんのほとんどの店は、煮干しだしに茹でキャベツを添えるんですが、
このスタイルを作ったのが、桜井うどん店のおばあちゃんだそうです。

テレ朝系 学びEye より

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

桜井うどんは、吉田にできたうどん屋さんで2番目という古い店です。
おばあちゃんは、実は沼津の人で、煮干しだしはおばあちゃんの故郷の味。
キャベツを添えたのは、それまで水かけ菜という富士の湧水で育てた冬野菜を付けていたのが、
夏には手に入らないので、一年中手に入るキャベツ(しかも地元で生産していました。)に変えたのが始まりだそうで、
このおばあちゃん(おばあちゃんと言っていますが、当時は多分おばあちゃんじゃなかったはず)のアイデアが現在まで続いているわけです。

”学びEye”の番組では、おばあちゃんは現役で店にいましたから、まだ伝説の域には入っていません。(おばあちゃんにちょっと失礼かな? だったらごめんなさい。

キャベツの他に馬肉を添えるところもあり、実は馬肉は富士吉田市の名物。
昭和20年ごろから馬肉を食べていたんだそうですが、「当時はごちそうでした」、という話です。

吉田で創業120年の老舗が「はなや」さん。
はなやさんのこだわりは白だそうで、うどんも汁も白。
茹で汁の塩味で出しますが、お好みで醤油や店独自の辛味などをあえて食べるんだそうです。
煮干しだしも、キャベツも、馬肉もなし。

はなやさんが湯盛りうどんにこだわるのには理由があります。

富士山に登る富士講というのがあるんだそうで(あるいはあったんだそうで)、
富士吉田市はその通り道でした。
その講者相手にうどん屋を始めたのが店の起りで、身を清める、という意味からも白にこだわっているそうです。


mainimg_8Cc_s
B級グルメ、ご当地グルメの人気グルメを厳選したおいしいショップです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

富士山のふもと、人口5万人の町に60軒のうどん屋さんがあり、
県外からもうどんを食べにやってくる富士吉田市。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

四角い太麺で、箸でもつとピンとたつ、硬くて、のど越しが悪くて、病み付きになる (リピーターさんの言。)何とも豪快なうどんです。

しかもほとんどの店がセルフ。

うどんの仕込みに8時間かける店、営業時間中に打って出す店と、店ごとに特徴はありますが、
煮干しだしにみそとしょう油の麺つゆに、茹でキャベツを添えるのが基本。

ほかに、どの店でも共通しているのが、温かいうどんでも必ず水道水で締めること。
この水道水が他の地方とは違います。
富士山の湧水が水道から出てくるんだそうです。
一年を通して12℃の冷たい水道水で締める、麺がきりっとしてコシの強さが生きるんです。

汁を吸っても崩れない堅い麺は、讃岐うどんと同じに足ふみで作ります。
というより、手では堅い麺は打てないということです。

富士吉田市は標高が高く、畑が多いので、昔から粉ものが多く食べられていました。
また甲斐絹と呼ばれる上質の絹の産地で、絹織物を求めて全国から商人が集まり、栄えました。
女性は機織りで忙しかったので、男性が代わりにうどんを打ち、うどんが家庭に根付きました。
コシの強いうどんのルーツはここにあったわけです。

*テレ朝系 学びEyeより

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

NHKBSの『新日本風土記』の再放送で、「うどん」という題の付いた番組がありました。
紀行なのに”うどん”ですが、さすがNHKさん、見ごたえがあって、うどんの歴史やいわれなど紹介しながら、人々とうどんのつながりを丹念に追っていき、60分があっという間に過ぎてしまいました。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

今は讃岐うどんが大ブームですが、なんと香川県には800以上のうどん店があり、年間一人当たり300玉以上を消費しているようで、さすが「うどん県/香川」です。

そういえば民放の番組で、「うどん大使」の要 潤さんが、うどんの食べ比べをやって見事讃岐うどんを食べ当てましたから、かなり食べなれているということでしょう、大したものです。

うどんは当然ご当地グルメなんですが、B級グルメには入るのかどうか、
焼きそばはB級グルメなんだから、やっぱ入るんでしょうね。

山梨の吉田うどん、三重の伊勢うどん、秋田の稲庭うどんなど、各地にはそれぞれ特徴のあるうどんがあって、食べ方もいろいろですから、B-1グランプリに出てないのか、去年はなかったみたいですが…

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ