ご当地グルメうまいもの情報/B級グルメから調味料まで

うまいものを食べると、なぜか幸せになります。 うまいものが大好きな人のために、ご当地グルメや特産品、人気の食品や話題の商品など、 うまい食べ物の情報を紹介するブログです。

ご当地グルメ

サバ缶が、大ブレイク中、
一部のスーパーでは、魚の缶詰の陳列棚の中で、サバ缶だけが売り切れ状態になるくらいなのだそうです。
kan6
ブレイクの原因は、正確にはわかりませんが、
どうもサバ缶にはアンチエイジング効果がたかく、
美容、健康にもかかわる栄養素も多く含まれているかららしいのです。

人気になったので、いろいろなTVの番組で取り上げられました。
傾向としては栄養価に関するものと、暮らしの中にどのように缶詰がかかわっているかというものです。

魚の缶詰には、健康に必要な栄養素が多くふくまれているうえ、
保存食にもなるので、海から遠い多雪地帯では、缶詰が暮らしと深くかかわっていました。

フジTVの『新設!所ジャパン』によると、
人気のサバの水煮缶は、塩水(1%以下)だけで、調味料、保存料は使われていないそうです。
獲られたサバは氷漬けされると硬直が始まり、うま味成分が増えていきます。
ところが1日過ぎると今度は軟化して、うま味が減りはじめます。
そこで捕ってすぐ加工できるように、魚の缶詰工場は漁港の近くに作るそうです。
tuna
スーパーに並ぶ鮮魚よりも新鮮な、最高の鮮度を保ったまま、
防腐剤も一切使わずに、
真空状態で高温高圧処理されるサバは、すべての栄養が塩水の中に閉じ込められ、
うま味と栄養の凝縮された最高の食品となるわけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コシヒカリの前はササニシキという品種がブランドでした。
ただササニシキは風に弱く、すぐに倒れちゃったり病気にかかりやすいということで、
コシヒカリが出ると、ほとんどの農家は作るのをやめたそうです。

ずいぶん以前、TVで、宮城県だったと思うんですが、
ササニシキを作っているという農家が紹介されました。
今でも作っているんでしょうか。

ともあれ、最近では、いつものお米じゃなくて、
色々食べ比べるのがトレンドなのだそうです。

だから、10K、20Kと買わないで、
3K、5Kと小さいのを何種類か買うそうです。持ち運びも楽そうです。
ただ、どんなお米でも、白米は時間とともに劣化します。
酸素が悪さをするからです。

***********************************

お米をおいしくいただく方法や保存方法はこちら、『お米をおいしく食べる方法
うまいお米の食べ比べなら『うまいもの通販市場』で食べ比べセットがお求めになれます。

prem-ri2prem-ri
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎月18日はお米の日なのだそうです。

「米」という字は「十」と「八」に分解できることからと、三重県が1978年に制定したらしいんですが、
待ってください。
「十」と「八」は分かりますが、「八」の字をひっくり返したようなのが上についているのは、どうなっちゃうんでしょう?

まさか、‘十と八‘と書いて、始めと終わりの‘‘のこと?
ちゃうだろうな。

細かいことを気にしていると寝らんなくなっちゃうんで(このギャグ覚えている人、何人いるかな。)
とりあえず18日でよしとして、
驚いたのは、魚沼産コシヒカリが、お米ランキング1位の座から陥落したということがニュースになったことです。

確かにここ数年、「ゆめぴりか」だの「ひとめぼれ」だも、いろんな種類のお米が人気を博しているようです。
各地方が、生き残りをかけてその地にあったうまいお米を研究、ブランド化を推し進めてきた結果、
お米の群雄割拠時代が到来したということなのでしょうか。

下手すると、各都道府県ごとに県産のブランド米がありそうです。
いや、調べたらありました。
ほとんど知らない名前ばかりですけど。

***********************************

よかったら、こちらも見てください。「お米の味って、いろいろあるんですね

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「灰干し」、読んで字のごとく、灰で干したものです。

灰といっても、炭火の灰ではありません。火山灰です。

干すものは魚や肉。

NHKBSの九州を紹介したある番組の中に九州南部のシラス台地の灰を使った灰干しの牛肉が出てきたのですが、
臭みがなくてやわらかくて、うまいッ、んだそうです。
残念ながら、食べたことがありません。

もっとも、牛肉はあまり好きじゃないし、高そうなんで、それほど食べたいとは思わないのですが…

このことが頭の隅に残っていたのか、
灰干しのサバを見つけた時、思わず買ってしまいました。
食べました。
うまいんです、これが。

どううまいかって、
臭みがなくてやわらかいんです。

魚は天日干しにするとうまみが増すうえ、保存がきくので、
日本には数多くの魚の干物がありますが、
独特の臭みがあって、どうにもいけません。
食べるとすればみりん干しなんですが(こちらは好物です。)、みりんの甘さが加わっていますから、さかな本来のうまさとはちっとばかり違うような気がしないでもありません。

干もの独特の臭みは、日干しにするとき、空気中の酸素が悪さをするからなんだそうです。
食べ物の劣化は、ほとんどがこの酸素が原因のようです。
機械乾燥や天日干しでは常に空気に触れているので、特に酸化しやすくなっています。

灰干しにはそれがありません。
灰で干すことで、空気に触れないようにしているからです。

灰で干すと何がいいのかというと、
灰には脱臭、脱水効果があるからなんだそうです。
炭に脱臭作用があるのと同じ原理だそうですが、
脱水効果で魚の身の中にある遊離水というものを除いてくれるんだそうです。
遊離水というものがどういうものかよくわかりませんが、
食べておいしくなっているのですから、ないほうがいいもののようです。

********************************

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

TVを見ていたら、ご飯を炊くときに、氷を入れるとおいしく炊けるといってました。
沸騰までの時間が延びることで、お米のおいしさが引き出されるんだそうです。

早速やってみました。
違いがよくわかりません。

にがりもいいというのでずっと入れているのですが、似たようなものです。
電気炊飯器から土鍋に変えたときのような、驚くべき味の違いは判りませんでした。

食べ比べてみると違いがはっきりするのでしょうが、わざわざ2通り炊くのも面倒なので、パス。
おいしくなった、思って食べれば、おいしくなるです。

話は違いますが、うまみ成分が和食ブームとともに世界的話題になっていますが、
うまみをさらにおいしくしてくれるもの、というより、
料理を最高においしくしてくれるものは何でしょう。

うま味調味料なるものは何種類かあるみたいですが、それとは違います。
答えは、他人の唾液です。
こういう言い方をすると、身もふたもなくなくなっちゃいますが、
要は会話です。

くしゃみの時、口から出るものを見えるようにした映像を見たことがあるのですが、
こんなところまで、と驚くほどの広がりです。
つまり会話しているとき、しかも盛り上がっているときなど、
空中に、どれくらいの唾液が飛び交っていることか。
目に見えたら、恐ろしいことになっているかもしれません。

とはいえ、どんな高級な食材でも、どれほどおいしい料理であっても、
一人でぼそぼそ食べていたら、何とも味気ないものになってしまいます。
だからこそ、最高の調味料は、他人の唾液なのです。
****************************************
驚きの粘り、おいしいコシヒカリ2017年産。
幸せを運ぶコウノトリの里、兵庫県豊岡から、安心安全のコシヒカリの便りが届きました。
農薬は当地比90%減を実現、化学肥料も使っていない安全安心のおいしいお米です。
うまい物を食べると、幸せな気分になります。日本中のうまいもを集めた「うまいもの通販市場

ginmai4ginmaiginmai2ginmai3qr

アプリのダウンロードはこちらから。
AppStore用
https://itunes.apple.com/jp/app/id1064353320。

GooglePlay用
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac1700134001s
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

野菜ジュースとキムチのもとでソーメンの汁を作るとおいしいと紹介しましたが、
すいません。それだけでは味がぼけます。
甘いので、お子様にはいいかもしれませんが、苦み走った大の男には似合いません。

食べてみて、あれ、なんか足んないと思ったのです。
言い訳するつもりはありませんが、いかんせん、男の料理、
分量は適量(つまりいい加減。)、レシピなんて残しません。
(立派にいいわけです。

不足しているものはすぐにわかりました。
1)コンソメ、または鶏がらスープ。
粉末で作るときは、お湯で溶かしてからでないと混ざりませんので、水の量を少なく、つまり濃いめに作ります。

2)酢。
味が締まるし、健康にもいいので、ぜひ入れましょう。
穀物酢でも、リンゴ酢でも、ワインビネガーでもいいのですが、バルサミコ酢も結構はまります。

3)おろしにんにく。
チューブでもいいですが、生で下したときは、一晩寝かせたほうがおすすめです。下ろしたては、どうしても味がとがってしまいます。

4)これはお好みで - めん汁です。
量はそれほどいらないのですが、鶏ガラや穀物酢を使った場合は、しょうゆ味慣れした日本人にはいいと思います。

5)これもお好みですが、オリーブオイル。
ワインビネガーやバルサミコ酢を使ったときは、味がまろやかになり、洋食的テイストが楽しめます。

先日、TVのニュースを見ていたら、
高齢者、ないしは後期高齢者の若葉マークと思しき品のよさそうなご婦人が、食べ切れなかったソーメンは捨てます、と平然と言ってのけたのには驚かされました。

もったいない。

以前にも投稿しましたが、ソーメンは熟成します。
冷暗所においておけば、翌年でもおいしくいただけます。

それでも嫌、という人は、一度レトルトカレーを試してみてください。かなりいけます。
ほかにも工夫次第で色々楽しめるはずです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本と世界のうまいカレーを厳選 - カレー通販市場

mainimg_8Bd1111111
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夏の暑いときに、ゆであがったソーメンを氷水で冷やして、つるっといただく、

何とも言えない夏の風物詩で、麺類の大好きなアル中ル氏も大好物です。

ところが今年、アル中ル氏のソーメン感に大転換が起きました。

ソーメンは、氷でしめちゃいけなかったのです。

氷で冷やすとソーメン本来の味が活きない、とTVである人が言ったのです。
アル中ル氏は反感を覚えました。
あの、キーンと冷えた冷たいソーメンを食わずして、何が夏の味覚かと思ったのです。

大体がです、口に入れる前から、ウマッイを連発するリアクション芸人なる人種に辟易していたので、
TVのいうことは半分眉に唾を付けながら聞くことにしています。

とはいえ、人間のできたアル中ル氏としては、とりあえず試してみて、それから判断しても遅くない、と考えました。

早速、半分は氷水、残りは流水だけで冷やして食べてみました。

結果は、驚きでした。
ソーメンって、こんない甘くてうまい物なんだ、と再認識したのです。

氷水で冷やしたほうは、冷たさがのどに伝わり、涼味としてはたまらないのですが、
何か冷たくて硬い物を流し込んでいるという感じなのです。
一方、流水で冷やしたものは、ソーメンは麺だ、と実感できるのです。
ただ、歯ごたえにやや欠ける恨みは残ります。

好みの問題もありますから、こっちだッ、という話ではないのですが、
今は流水で冷やしたソーメンをもっぱらいただいています。

ご家庭でも簡単にできることなので、ぜひお試しください。

ソーメンもピンキリありますが、各地にある名物そうめんを食べ比べてみるのも一興かと思います。
日本中のうまいものを集めた「うまいもの通販市場」に、そうめん各種、揃えております。


men3111111aA31




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東日本は、夏はどこへ行ったの、という日々が続きましたが、
23日からはくそ暑くなるとの予想です。

暑くなると冷たい物が食べたくなるのですが、冷やし中華や冷うどん、そばなどがありますが、なんといっても夏の風物としてはそうめんです。

そうめんは、買った夏のうちに食べてしまうもの、となんとなく思って、
余りそうになると無理して食べ切ったものですが、
数年前、TVでそうめん工場を紹介してくれたのですが、
その工場の人が、1年ほど熟成させたものがまたうまい、というようなことを言っていたので、
それ以来、にゅーめんにして食べ切るようなことはしなくなりました。
(にゅーめんも悪くないのですが、温かいものだと、どうも歯ごたえが欲しくなって、ついついうどんになってしまいます。)

ということで、今食べているそうめんは、去年買ったものです。
味はどうか?
旨いに決まっています。

うまい物を食べると、人は幸せになります。
日本中からうまいものを集めた「うまいもの通販市場」で、自慢のご当地そうめん食べ比べができます。
ぜひ、ご賞味ください。

men3111111

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

TVで紹介されるお元気高齢者の多くが、好物にお肉を挙げています。

肉を食べれば元気になれる! 
と、どっかのタレント議員さんみたいに叫んでみたくなるところですが、
確かにお肉はスタミナがつきます。

夏の暑さをぶっ飛ばす、肉を食べよう、
とはいっても、おいしくいただくにはみんなでワイワイ食べるのが最高、
というわけでBBQです。

BBQ肉で人気なのが、秘伝のタレで漬け込んだ『亀山社中の タレ漬け焼肉・BBQセット』
古都金沢の伝統の味『直源 丸大豆醤油』仕込みの秘伝のタレに漬け込みんだ、濃いめで少し甘めの味はご飯のおかず、ビールに相性ピッタリです。

とはいえ、ちょっと味が濃かったです、とのご意見もいただいております。
さっぱり系がお好きな方はタレなしで、がっつり食べたい方は亀山社中のたれ付け肉がおすすめです。
実際、亀山社中のお肉はリピーターが多く、広く人気を頂いています。

今回のおすすめは、華咲きハラミ&華咲きひとくち牛モモセット。
ハラミはおなかの部分で、どちらかというとホルモン系。
でもその旨さは、一度食べたらすぐに虜になります。
ロースやカルビよりもハラミ、というファンが着実に増えています。
モモは食べ応えバッチリ、食べやすい一口大に切ってあるのもうれしい心遣いです。 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

BBQの時におすすめの方法が、ゾーンファイヤー。
炭の置き方を、全体的に均一にするのではなく、
炭のない所、中くらいの所、多い所と3つのゾーンに分ける方法です。
肉や食材によって焼き上がり時間が違うので、それぞれにあった場所で焼くためです。

 もっと詳しく知りたい人は、次をごらんください。
TVが教えてくれる、BBQ裏ワザ。なるほど、納得
TVが教えてくれる、BBQ裏ワザ Ⅱ
TVが教えてくれる、BBQ裏ワザ Ⅲ

「亀山社中 タレ漬け焼肉・BBQセット 華咲きハラミ&華咲きひとくち牛モモ 」は、
うまい焼肉お取り寄せの大競宴―焼肉グルメ通販市場でお求めください。 

01020304050608






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

暑い季節がやってきました。

アウトドアでの活動が増えて、当然楽しみはBBQ。
BBQといえばお肉です。

高くてうまい肉もいいけど、やっぱボリュームも必要でしょう。
そこでおすすめが、「黒毛和牛1kg保証焼肉福袋」

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

※購入者から、こんなコメントもいただいています。

『社内のバーベキューで利用するため、6kg購入いたしました。
(参加者内訳は大人20名、子供6名です)
お腹は満腹で、大変美味しく頂きました。
実は、次週に得意先のバーベキューで松阪牛のお肉を購入いたしましたが、
正直脂身が多くて万人受けするものではありませんでした。
(鉄板焼きですこーし食べる分にはいいと思いますが・・・)
その点、当福袋は、ボリュームはもちろんのこと、
カルビからホルモンまで種類も多岐に渡り、味にも飽きずに食べれる、
という点では大変オススメです。
ちょっと高級なバーベキューにしたいけど、ボリュームも譲れない、
という方は是非購入をおすすめします!! 』

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

BBQの時、ぜひ用意しておきたいのが水鉄砲。
実は炎はBBQの大敵で、お肉がおいしく焼きあがりません。
そこで、炎が出たら水鉄砲でポイント消火。
火力の調節にもってこいなのです。

黒毛和牛1kg保証焼肉福袋」のお求めは、うまいお肉いっぱいの、焼肉グルメ通販市場でどうぞ。

a4a


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

若い女性を中心に、ドライフルーツが人気だそうです。

生のフルーツは体を冷やす作用がありますが、ドライフルーツは血行を促進してカラダを温めてくれるそうです。
しかもミネラルの宝庫。

乾燥させるとビタミンなどは少し減りますが、逆にポリフェノールや食物繊維など豊富になるものもあり、特に抗酸化作用は高くなるとのことです。
酸化作用、つまり体の老化に抵抗してくれるわけです。
これは食べないわけにはいきません。

しかも鉄分、カルシウムなどのミネラル分が豊富、食物繊維も多く含まれていますから、貧血や便秘気味の人には超おすすめです。

水分がほとんどないので、バッグの中に入れておいて、気軽につまめますし、長期保存も可能です。

野菜や果物は、皮と実の間に大切な栄養が多く含まれていて、皮をむいて食べるというのは、本当はもったいない話なんですが、
ドライフルーツは皮つきですから、それらの栄養も余すところなく摂取できるわけです。

何種類かのドライフルーツがありますが、食べ比べてみて、自分に合ったものをお探しになるのもいいかもしれません。

というわけで、ドライフルーツ食べ比べ、『うまいもの通販市場』でどうぞ。
dryf3dryf4

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お米マイスターという人います。
ワイドショーで、お米についていろいろレクチャーしてくれました。

当たり前なのですが、名前が違えば種類も違って、味も違うんですね。

その前にお米マイスターですが、いわゆるお米ソムリエのことで、5つ星にもなると、お米の粒を見て品種を見分けるという、芸当みたいな試験に合格しなければならないそうです。

お米は全国に500種近くあって、同じ品種でも、当然産地によって味が違うわけで、

お米には、高い、安い、古い、新米の違いくらいしかないのかと思ってたので、お恥ずかしい限りです。ハハにひひ

お米ソムリエさんのおすすめは、

〇北海道 ゆめぴりか

〇京都 ミルキークイーン

〇山形 庄内 つや姫

〇島根 仁多米(こしひかり)

〇熊本 ひのひかり

の5つでした。

お米を甘みと粘りで分類すると、

甘み粘りともに強いのが、京都のミルキークイーン。ほかに東北のコシヒカリやはえぬきだそうです。
甘みは強いが粘りが少ないのが、島根のコシヒカリ、秋田小町など。

粘りがあって甘みが少ないのが、ゆめぴりかやななつほし。

甘み粘りともに少ないのが熊本ひのひかり、ひとめぼれ、ササニシキ、ということになるんだそうです。

とはいえ、値段が高くては家計に響くので、
美味しくてお財布に優しお米があれば、それに無農薬までこだわらないけど、作った人がわかっていれば安心、という人のためにお薦めなのは、
『コウノトリ舞い降りるコシヒカリ 六方銀米』です。
安くておいしいお米なので、違いがわかるお米として、購入者の多くがリピーターとなる自慢のお米です。

ginmai
ginmai3お求めは、うまいもの大好きな人のための通販ショップ、
うまいもの通販市場」でどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宮崎の人気ご当地グルメ、冷汁、
テレ朝の、「学び! Eye」で紹介された人気店の作り方を紹介すると、

まず、焼き味噌を作ります。
いりこの頭と腹わたを一匹一匹丁寧に取ります、これを怠ると苦味が出ちゃうんだそうです。
ちっこいいりこですから、大変な作業です。
これを手ですり潰す、
手で行うことで、甘みと旨みが出るそうです。
若い味噌と寝かせた味噌を合わせて加え、さらにすります。
味噌を合わせるのは、コクと旨みを出すため。
出来上がったものを焼いて、味噌臭さを取り、
また焼くことで香ばしくなるそうです。

これで冷汁の元が完成です。

冷たいだし汁で伸ばし、夏野菜や魚のほぐし身などを加え、麦飯にかけます。

暑い時、冷めた味噌汁をご飯にかけて食べるだけでもうまいのに、
これだけ凝った味噌なら、美味しくないわけがありません。

B級グルメとして人気が出てきて、
今では冷汁バーガー(どんのもの?)、
冷汁ラーメンと進化し続けているんだとか…


今では有名な冷汁ですが、
昔は県民でも知る人が少なかったそうです。
40年ほど前、ある飲食店がメニューに載せたんですが、シンプルな作りだったせいか、評判はあまりよくなかったそうです。

しかし段々と人気が出てきて、いつか看板メニューに。

30年ほど前、東京の渋谷に郷土料理の店を出し、そこから全国に知られるB級グルメになったそうです。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

宮崎県に西都市というところがあります。
なんでも国内最大規模の古墳の街として有名なんだそうです。
知りませんでした。
m( _ _ )m

ここに「西都市冷汁保存会」というのができました。
昔の食文化を守るのが趣旨だそうです。

ここのイチオシが味噌玉。
冷凍すれば長期保存ができ、火を使わずに済むので、災害時の防災食にもなります。

味噌は携帯食として、戦国時代に重宝されていたそうですから、防災食としても優れているのもうなずけます。
そのへんのことは、『伊達正宗の味噌、仙台味噌』を見てください。

「西都市冷汁保存会」のみなさんには、
ソウルフードとしてのご当地グルメ、大事に育てていただければと、望んで止みません。

西都市に限らず、おそらくどの地方にもあるはずなので、
志ある人は西都市に続いて欲しいものです。
(アル中ル氏は、酒をのむ側の人間で、作る側の人間ではありません。
あったとしても、めんどくさいことはしません。)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

味噌ベースの冷たい汁に、きゅうり、シソなどの夏野菜を添えてアツアツの麦飯にかける。
これが冷汁です。

宮崎が有名ですが、発祥の地は鹿児島で、旧薩摩藩の一部だった宮崎県中央部に伝わり、いまに至っているという説があるそうです。

冷汁が「さつま」という名で西日本に伝わっているのがその証で、
宇和島や八幡濱、瀬戸内の島々、広島にも「安芸さつま」という名で残っているそうです。

愛媛県の宇和島の郷土料理に、「さつま」という料理があるそうで、
店や家庭によって違うんでしょうが、

ある有名店のつくり方は、
白身魚のほぐし身と麦味噌をすり合わせた汁を、麦飯にかけるんだそうですが、
薬味に愛媛特産のみかんの皮や、食感を出すためにこんにゃくをトッピングしたりするそうです。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

テレ朝の、「学び! Eye」では、宮崎の冷汁が紹介されていました。

地域や家庭によって、作り方や味が違うそうで、
家庭家庭で代々受け継がれているとのことです。
これこそ「おふくろの味」。

鎌倉時代の書物にも記述が有るくらい歴史があるんだそうですが、
最近では冷汁ラーメンなるメニューも出現するほどの夏の人気風物詩になっているそうです。

番組では、
「僧侶にては、冷汁をかけまいらせ候」という記述が、鎌倉時代の記録にある、と紹介されていましたが、出典は明確にされていません。
この冷汁に一番近いのが宮崎の冷汁だということです。

天文8年(1539年)の奈良興福寺の『多聞院日記』というものにも、ヒヤ汁という記述があるんだそうですが(こんな本、読めるわけありません。講談社学術文庫の吉田元著、『日本の食と酒』という本に書いてありました)、
(′∀`)
ただ、時代もグッと下っていますし(戦国時代末、NHKの大河ドラマ、官兵衛さんの時代。)、このヒヤ汁はどうも別物のようです。

また、漁師さんたちが、船の上で、獲ったばかりの魚をさばいて、
味噌と氷水を豪快にぶっかけて食べるのとも違って、
もっと洗練されていますから、
全国に自慢できる名物ご当地グルであることは、間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

広島で人気のB級ご当地グルメ、汁なし坦々麺。

広島でも人気のあるお店での作り方は、

五番(ウーシャー)ラー油-いろんなスパイスが混じっている。
醤油ダレ-醤油、酢などもろもろがはいいている。
芝麻醤(チーマージャン)-ゴマペースト。
鶏ガラスープ。

これらのタレを、超強力脱水機まで使って完全に水分を飛ばした茹で麺にのせ、
肉味噌、青ネギ、山椒をトッピングして完成。

山椒は中国の山椒で、花椒(ホワジャン)というものだそうです。
これがなんとも華やかで、フルーティで、香りが立ってうまいんだそうです。

タレが何層にもなっていて、それぞれの層に、
甘味、辛味、痺れ(山椒)があるので、
食べる前にこれらを混ぜる、とにかく混ぜる、何度も混ぜる。
混ぜれば混ぜる程旨みが増すんだそうです。


坦々麺は四川料理ですが、四川料理は7つの味で出来ているそうで、

酸味、辛味、塩味、苦味、甘味、しびれ、香り

の7つだそうです。

坦々麺はこの中の、しびれ(山椒)と辛味(唐辛子)から出来ていて、
この刺激が癖になって、また食べたくなるんだそうです。

TVの画面で見ていても、なんとも食べたくなる一品でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お好み焼き、あなごめし、広島つけ麺、広島牛etc.

広島もご当地グルメ、B級グルメに事欠かない土地柄のようです。

その広島でも特に人気なのが、汁なし坦々麺。

特に汁なしと断っているのは、ご存じのように、日本の坦々麺はラーメンと同じように汁に浸っているからです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

坦々麺は四川料理。
しかも政府の商標だそうで、認可されたお店でないと、坦々麺は出せないんだそうです。

伝統の味を守るために、1958年に、四川省がそう決めたんだそうです。
仕方がないので、多くの店は、別の名前で出ています。(『昔の名前で出ています』にかけたんだけど、わかってもらえたかなぁ。)
(●´ω`●)

ちなみに、四川省は寒い処なんで、塩分濃度はかなり高いそうです。

坦々麺の名前の由来は、行商人が天秤棒を担いで売り歩いからだとか。

汁があると重くてたまらないので、汁はなし、
つまり坦々麺は、本来汁なしなんです。

なぜ日本の坦々麺に汁があるのか、
それは陳健民氏が日本人向けに汁を加え、今の形にしたからだといわれています。

従って、中国の人に言わせれば、
「そんなの、坦々麺じゃねえよ。」
ということになるのかもしれません。


最近、和食がブームで、外国にある珍奇な寿司や和食を紹介する番組をよく見ますが、
奇妙奇天烈なお寿司やラーメンを見るたびに、
「そんなの、寿司じゃねえよ。」
と腹の中で笑っていたのですが、
これからは、少し慎むようにしなければ、と思う今日このごろです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

茶畑の映像を見ると、かまぼこ型のアーチを描いてきれいに並んでいますが、
どの葉にも日照時間が同じになるようにし、
新芽の長さが揃うようにするためのものだそうです。

お茶は茶畑が原点。
いい茶畑がいいお茶を生み、美しい茶は、美しい茶畑から作られます。

お茶のおいしい飲み方は、
よく言われているように、沸騰したお湯ではなく、温度を下げてから飲みます。

湯冷ましを通してから入れ、茶葉を刺激しないようにし、
急須を振ったりしないで、最短で茶碗に運びます。

色は、緑色ではなく、黄金色が一番おいしいお茶だそうです。
*NHK「美の壺」より。

香茶という種類があります。
新芽を摘んだあとの堅い葉を使ったお茶で、これは湯冷ましをしないでたっぷりのお湯で飲みます。

ほうじ茶は、茶葉を火で煎り上げた香ばしいお茶で、さっぱりしているので食後に飲むのに向いています。

玉露は言うまでもなくお茶の最高峰。
一滴一滴、舌の上で転がしながら、じっくり味わっていただくものです。

昔のお茶の製法は、若芽・若葉を蒸し、冷やしたのちに焙って乾燥させ、壺に密閉したそうです。

11月頃に口切をしたのが新茶で、それ以前のものは古茶と呼んだそうです。
今とは、どうも違うようです。(*學燈社『食の文化誌』より。

吉田元氏の『日本の食と酒』によると、
お茶がかなり安くなった天正12年(1584)頃、1斤(約600g)で1斗5~6升したといいますから、
約150~160合、
1食1合とすれば、ご飯1食100円としても、かなり高額だったことがわかります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6月は新茶の季節、とはいえ、もう6月も終わりですが…

NHKに『美の壺』という番組がありまして、
毎回生活の根ざしたものを紹介してくれるのですが、
「緑茶」を取り上げた回がありました。

お茶は中国から伝わったのですが、『三国志』で親思いの若き日の劉備玄徳が、母のために高価なお茶を買い求めた、というエピソードがありますから、かなり昔から薬として用いられていたようです。

番組では奈良時代に日本に伝わったと紹介されましたが、
鎌倉時代、『喫茶養生記』を書いた禅僧の栄西によってもたらされたもの、とばかり思っていたので、
さっそく學燈社の『食の文化誌』という本をひも解いてみたら、
やはり奈良時代とありました。

聖徳太子のころ、仏教とともに伝えられ、最澄や空海が薬用として種を持ってきたとあります。

昔は高価な薬でした。

摘み取った茶葉をすぐに蒸して発酵を止めるので、緑色のままなんだそうです。

ちなみに、発酵を途中まで進めるとウーロン茶になり、完全に発酵させると紅茶になります。

豊臣秀吉が開いた北野の大茶会では、毛氈がなければむしろでもいいから持参して参加してよし、と立札が出たそうですから、
かなり庶民にも広まっていたのでしょう。

この時のお茶は抹茶で、今のようなお湯だしではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

能登半島にある石川県の穴水町に、地元の人でもめったに口に入らない珍味、「このわた」があります。
「このわた」は、ナマコの内臓で作った塩からだそうです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

とにかく作り方が難しい。
塩からだから塩で漬けりゃいいと思うのは、素人の悲しさで、地元でも作れる人は何人もいないそうです。

まずなまこの内臓を塩できれいに洗い、塩を加える、これを『上げ塩』というんだそうですが、
この時、塩が多すぎると味を壊し、少なすぎると旨味が出ない、とにかく分量が大事。
全体に塩をなじませ、常温で置くと、ナマコに住む乳酸菌が活動し、発行が始まるんだそうです。

1週間ほどで完成、磯の香りと深みがまろやかで、めちゃくちゃうまいそうです。

それだけに超高級品。

この「このわた」、魯山人も愛した味だそうです。

TV東京の「なんでも鑑定団」を見ている人は魯山人の名前は耳にしているはずです。

恐るべき美の巨人。しかも美食家。

伝説の懐石料理の割烹「星ヶ丘茶寮」とうのがあります、いえ、ありました。
贅を極めた料理を提供し、各界の著名人しか行くことができませんでした。
京都の一見さんお断りどころの話ではなかったようです。

魯山人は一時、ここの支配人をやっていましたが、やかましくて気難しい、とにかく嫌われ者だったようです。
(あくまでうわさですよ~っ)

当時料理人をしていた人が、後年、星ヶ丘茶寮と魯山人についての思い出を語ったインタビュー番組があったんですが、
あまりにも口うるさいので、この料理人さん、ある時、魯山人を試してやろうと、レシピを少しだけ変えたんだそうです。
素人ではまず気づかないくらいちょっと。

お客に出す前に、魯山人は必ず味のチェックをしていたそうで、料理人さん、わかるはずがないと高をくくっていたら、
一口飲むや(かなり昔見たんで、正確に記憶してないんですが、汁ものだったとおもいます。)、いつもと違うと怒って、作り直しを命じられたそうです。

その料理人さんは恐れ入って、二度と悪戯はしなかったとのことです…

「美味しんぼ」という漫画がありますが(今も続いているのかなぁ?)、ここの出てくる主人公の父親の料理研究家、謹厳でこわもてのサムライみたいな人、
あれ、絶対魯山人を意識していると思うんですが…



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

かつて日本は「黄金の国」ジパングと呼ばれたことがありました。
金はかなりとれたようですが、同時に日本は「菌」の国でもありました。

金の方は採り尽くしちゃったみたいですが、菌の方はいまだに豊富にあります。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

じめじめして洗濯物が乾かないので、ずーっと梅雨が嫌いで、
夏は夏で湿気が多く、汗が乾かないんでずーっと嫌いです。
梅雨の雨は大地に蓄えられて植物を育て、名水となって生活を潤してくれているわけですから、
ありがたいやら迷惑やら、めんどくさいものです。

湿気の多い気候は多くの菌を生み、日本人の祖先はそこから麹菌を見つけ出しました。
この麹菌があるから、糠漬けを肴に日本酒が飲めて、納豆が食べられるわけです。

この麹菌、なんともすごい奴で、青酸カリの180倍も毒性の強いフグの毒を、消してしまうんだそうです。

フグ料理屋さんで調理済みのフグの内臓は、燃えるゴミの日に出しているわけじゃなくて、
ちゃんと管理し、しかるべきところで処分しています。
要するに毒物なんです。

フグの中でも特に毒性が強いといわれる卵巣を、糠漬けにして食っちゃうんです。
麹菌には、フグの毒を消してくれる作用があるんだそうです。

フグ毒を無毒化するんだから麹菌はすごい、
それよりも、毒だとわかっているフグの卵巣を喰おうとした奴がすごい!
しかもそれを成功させちゃうんだから、もっとすごい!

今でも作っています。
石川県の白山とい処で製造されています。
なぜ麹菌がフグ毒を無力化するのか、そのメカニズムは今もわからないそうです。

作り方は、卵巣を塩漬けにして1年寝かせ、糠をまぶして麹菌をかけ、さらに樽の中で2年発酵させるそうです。
樽はどれも使い続けられてきたものばかりで、新しい樽は怖くて使えないとのこと。

フグを食べて何人も死んでいるんですが、それでもフグを食べ続けてきたんだから、
日本人の食い意地には感心させられますが、このフグの卵巣の糠漬けに至っては、開いた口がふさがりません。
結構高価なもののようですが、開いた口に中にこのフグの糠漬けを放り込んでみようという奇特な人は、現れないものでしょうか。

食べさせてくれるという方は、ご連絡ください。
まってまぁ~す。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ