サバ缶が、大ブレイク中、
一部のスーパーでは、魚の缶詰の陳列棚の中で、サバ缶だけが売り切れ状態になるくらいなのだそうです。
kan6
ブレイクの原因は、正確にはわかりませんが、
どうもサバ缶にはアンチエイジング効果がたかく、
美容、健康にもかかわる栄養素も多く含まれているかららしいのです。

人気になったので、いろいろなTVの番組で取り上げられました。
傾向としては栄養価に関するものと、暮らしの中にどのように缶詰がかかわっているかというものです。

魚の缶詰には、健康に必要な栄養素が多くふくまれているうえ、
保存食にもなるので、海から遠い多雪地帯では、缶詰が暮らしと深くかかわっていました。

フジTVの『新設!所ジャパン』によると、
人気のサバの水煮缶は、塩水(1%以下)だけで、調味料、保存料は使われていないそうです。
獲られたサバは氷漬けされると硬直が始まり、うま味成分が増えていきます。
ところが1日過ぎると今度は軟化して、うま味が減りはじめます。
そこで捕ってすぐ加工できるように、魚の缶詰工場は漁港の近くに作るそうです。
tuna
スーパーに並ぶ鮮魚よりも新鮮な、最高の鮮度を保ったまま、
防腐剤も一切使わずに、
真空状態で高温高圧処理されるサバは、すべての栄養が塩水の中に閉じ込められ、
うま味と栄養の凝縮された最高の食品となるわけです。