NHKにグルメドラマというのがありまして、
グルメを中心にドラマを作っていくというものなんですが、
今放映されているのは江戸のグルメに関したものです。

その中で、こんなセリフがありした。
「素朴で地味、華やかさには無縁、滋養にあふれていて、やたらと人に懐かしがられて好まれる。」

これ、煎り豆のことだそうです。

確かに派手さはないのですが、「畑の肉」と呼ばれる大豆の栄養素がギッシリ詰まっています。
お酒のおつまみや、お茶うけ、お子様のおやつに、
そのまま食べればいいシンプルさ。

今回紹介したいのは、ただの大豆ではない、幻の大豆で作った煎り豆です。

その幻の大豆とは「長岡肴豆」です。

「えだまめ」として新潟県長岡市で伝統野菜の一つとして栽培されていて、
新潟県長岡市周辺でしか栽培されていない在来種の青大豆です。
生産量も出回る事も少ないので幻の大豆と呼ばれています。
名前の由来は、酒の肴にピッタリという事で名付けられました。
とても甘みが強く、独特の風味が特徴です。
煎り豆にしても、肴豆本来の甘みが残っており香ばしさがプラスされてとても美味しく頂けます。

日本中の旨い物を集めた「うまいもの通販市場」でお求めになれます。

irimame3