味噌ベースの冷たい汁に、きゅうり、シソなどの夏野菜を添えてアツアツの麦飯にかける。
これが冷汁です。

宮崎が有名ですが、発祥の地は鹿児島で、旧薩摩藩の一部だった宮崎県中央部に伝わり、いまに至っているという説があるそうです。

冷汁が「さつま」という名で西日本に伝わっているのがその証で、
宇和島や八幡濱、瀬戸内の島々、広島にも「安芸さつま」という名で残っているそうです。

愛媛県の宇和島の郷土料理に、「さつま」という料理があるそうで、
店や家庭によって違うんでしょうが、

ある有名店のつくり方は、
白身魚のほぐし身と麦味噌をすり合わせた汁を、麦飯にかけるんだそうですが、
薬味に愛媛特産のみかんの皮や、食感を出すためにこんにゃくをトッピングしたりするそうです。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

テレ朝の、「学び! Eye」では、宮崎の冷汁が紹介されていました。

地域や家庭によって、作り方や味が違うそうで、
家庭家庭で代々受け継がれているとのことです。
これこそ「おふくろの味」。

鎌倉時代の書物にも記述が有るくらい歴史があるんだそうですが、
最近では冷汁ラーメンなるメニューも出現するほどの夏の人気風物詩になっているそうです。

番組では、
「僧侶にては、冷汁をかけまいらせ候」という記述が、鎌倉時代の記録にある、と紹介されていましたが、出典は明確にされていません。
この冷汁に一番近いのが宮崎の冷汁だということです。

天文8年(1539年)の奈良興福寺の『多聞院日記』というものにも、ヒヤ汁という記述があるんだそうですが(こんな本、読めるわけありません。講談社学術文庫の吉田元著、『日本の食と酒』という本に書いてありました)、
(′∀`)
ただ、時代もグッと下っていますし(戦国時代末、NHKの大河ドラマ、官兵衛さんの時代。)、このヒヤ汁はどうも別物のようです。

また、漁師さんたちが、船の上で、獲ったばかりの魚をさばいて、
味噌と氷水を豪快にぶっかけて食べるのとも違って、
もっと洗練されていますから、
全国に自慢できる名物ご当地グルであることは、間違いありません。