NHKの「首都圏スペシャル」、『発行漫遊記』で「黒い宝石」と「赤い宝石」の次に紹介されたご当地グルメの発酵食品は、TVでよかったと思えるほど強烈なにおいを発するという、『生ぐさこうこ』です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

塩漬けにしたイワシを、鍋で5時間煮込むというものですが、あまりにも強烈なにおいなので、家の中では作れないんだそうです。
番組では浜で煮てました。

塩漬けイワシですから、殺人的臭気で有名な、スウェーデンのイワシの缶詰シューストレム(こんな感じの名前だったと記憶しています。)といい勝負かも知れません。

といっても、どちらも嗅いだことがないので、あくまで想像上のコメントです。

ともかく、煮込んで出来上がったスープ状のものを大根にかけ、2か月間発酵。
なんといっても、「なまぐさこうこ」ですから、主役は「おこうこ」、大根です。

イワシの風味が大根に染み込んで、うまッ!
ということになるんだそうですが、それは紹介した芸人さんのコメント。

他所からお嫁に来た人は、初めのうち、食べられなかったそうです。
ところが一旦慣れると、もうたまらないらしいんです。

浜でしか作れないような臭気に耐えて漬けるわけですから、やっぱりうまいんでしょう。

この『なまくさこうこ』、なぜか新潟県角田浜の3キロ圏内でしか作られていないそうです。

いや、あまりに臭いので、よそに広がりようがなかった、というのが、案外真実かも…

mainimg_8Ca1111
おいしい海の恵みを産地直送でお届けする通販ショップです。




 ご飯や調理に欠かせない、人気の塩麹や旨味たっぷりなアゴだし、有機味噌・醤油などを特別に選んで販売しています。―ご飯の友・調味料通販市場でどうぞ。