沖縄の名産品「海ぶどう」は、「海の宝石」とも、グリーンキャビアとも呼ばれているんだそうです。
恩納村のあるお店が、この海ぶどうを丼ぶりにして、B級グルメとして、日本全国ばかりでなく、海外からも食べに来るそうです。

もっとも、海外といっても、台湾の人が多いみたいですが… 
(台湾、近いから。)(憎まれ口、終了。

酢飯の上に、相性のいいウニと山芋とイクラを豪勢に盛って、レモンポン酢でいただくんだそうです。

これが後を引いて、リピーターになっちゃうらしいです。

まぁ、食べるのは簡単なんでしょうが、この、ご当地グルメとして簡単に食べられるようになるまでが、大変な苦労だったと、ABS朝日の「日本食紀行」で紹介されました。

なにせ、海の中で育つものですから、護岸工事による水質の変化や、台風による被害など、
1980年代後半に試みられた海中養殖はことごとく失敗だったそうです。

生ものだけに流通せず、せっかくの珍味が宮古島の一部でしか食べられていなかったそうです。(もったいない…)

なんとか海ぶどうをご当地の特産品として、全国に売り出したい、高齢になって海に潜れなくなった人たちでも働けるよう、陸上で養殖したい、と立ち上がった男がいました。

海ぶどうは非常に繊細で、養殖が困難なものなんだそうです。
ご多分に漏れず、初めのうちはアホだの変人だのと、いろいろ言われたみたいです。
成功したら偉い人。世間なんて、そんなもんです。
(今回、憎まれ口が多いみたいたいで… スンマセン)

いまや地元のホテルの人気お土産No1になりました。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。