大泉洋さんが出ていて、大泉洋さんが全国区に出るきっかけになったローカル局の番組があります。
”おにぎり あたためますか”
旅番組で、ご多分に漏れず、各地のご当地グルメやB級グルメが毎回紹介されます。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

高知県の安芸市にロケに行って、「土佐ジロー」という地鶏を食べました。
前に熊本の「天草大王」を紹介しましたが、
それからく比べると、
土佐ジロー、いいネーミングです。
これからつぶして食おうというのに、なんとも親しみが持てる名前です。

名古屋コーチンや秋田の比内地鶏もそうですが、土佐ジローさんも(どうしてもさん付けしてしまう。)基本放し飼いです。
狭いゲージに押し込められ、ひたすら卵を産むか食肉になるのを待つかしかない運命のブロイラーから見ると、少なくとも肉にされるまでは幸せそうです。

土佐ジローさんは、脂肪分が少なく、繊維質が細かく、歯ごたえのある、病みつきになるうまさだそうです。

お店では刺身で出ました。

鶏の刺身なんて、めったに口にできるものではありません。
お店の人に言わせると、新鮮さと健康状態のよい鶏でないと刺身にはできないそうです。

じつは何度か鶏のササミの刺身は食べたことがあります。
あっさししていて、魚とは違う歯応え、かなりGoodでした。

昔、知人に軍鶏を飼っていた人がいて、余談ですが、軍鶏はけんかに負けると負け癖が付いちゃうんで、潰すしかないんだそうで、たまたま潰したから、ということでササミをおサシミでいただきました。
軍鶏肉はものすごく硬いんです。モモ肉をステーキなんかにしたら、食えたもんじゃありません。どうやったって歯が立ちません。
そのササミ、ふつうの鳥よりさすがに硬いんですが、美味でした。
野犬に襲われて全滅したということで、その人は軍鶏を飼うのをやめちゃったんですが、なんとも残念でなりません!

土佐ジローさんの刺身は、ササミ、レバー、白子、心臓、鶏冠、砂肝と珍味のオンパレード!

鶏冠はアワビの刺身を思わせ、白子はクリーミーで臭みもない、と食べた人のコメントです。

たたきやすき焼きも当然おいしいんだそうで、すき焼きの卵も土佐ジローさんの卵。
なんと黄身が箸でつまめてました。

mainimg_8Cc_sB級グルメ・ご当地グルメが全国から大集合 。
 特価で提供する”うまいもの”専門店。
お取り寄せはB級グルメ通販市場で!