カレー街道、最後に紹介するご当地グルメのカレーは、
美瑛町のカレーつけ麺。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

カレーうどんには珍しいつけ麺タイプで、
使われるうどんは、美瑛産の小麦で町に一軒の製麺所が作る、コシの強いうどん。
カレーは和風で、絡みやすいようにトロミがついています。

新メニューのおすすめは、新美瑛うどん ”焼き麺”。
食べやすいようにメンを短く切り、美瑛豚のひき肉と、カボチャ、アスパラ、ポテトなどの美瑛自慢の野菜を敷き詰め、コーンをたっぷりのせ、道産チーズをかけてオーブンで焼く、
いわば ”うどんグラタン”。
表面カリカリ、中はトロトロ、野菜とチーズの相性バッチリの新メニューです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

B-1グランプリで有名なカレーといえば、秋田県仙北市の「あいがけ神代カレー」。
昭和30年代の神代地区の家庭で作られていたルーと、現代風オリジナルルーの2つをかけ、温泉卵と秋田特産「いぶりがっこ」を付け合せた珍しいカレーです。

「あいがけ神代カレー」は別のところで紹介する予定です。
「いぶりがっこ」は『ご当地グルメいっぱい! 「あきた美彩館」』を見てください。