出雲は縁結びの国として、若い女性に大人気ですが、日本神話発祥の地でもあるわけです。
なにせ10月には日本中の神様が集まってきます。

出雲には、「出雲招福チラシ」というありがたい駅弁があります。

駅弁は地元の特産品が使われていることが多いので、ご当地グルメであることは確かなんでしょうが、B級グルメと言えるのか、富山には1万円もする駅弁があるんだそうで、これはもうA級グルメ。
まァ、少なくとも千円、2千円のものは、B級グルメに分類しておきましょう。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

「出雲招福チラシ」には、黒豆、岩のり、百合の花などが入っています。
岩のりは磯の香りがして、出雲秘伝の煮物にして、昔から上品なものとして大切にされてきたそうです。

この招福チラシには、さすが神話の国、神様から生まれたと言われている食材がちりばめられています。

『古事記』に食べ物の神様から生まれたと書かれている五穀、稲、あわ、麦、大豆、小豆の5つですが、それらおめでたい食材で作られたありがたいお弁当です。

出雲秘伝の煮物には、秘伝の調味料が使われているんですが、
秘伝の調味料とは「地伝酒」のこと。

とはいっても、地伝酒が他の地方にもごろごろしているわけではなく、出雲だけの特産の調味料として伝わってきています。

お酒とみりんの中間みたいなものだそうで、ソバ汁に混ぜると、醤油の角が取れてまろやかになり、アゴ野焼きという特産品を作るには欠かせないんだそうです。
ちなみにアゴ野焼きはトビウオのすり身で作るカマボコのことだそうです。

地元の米田酒造というところが、もち米と米麹を原材料に、水量を少なくし濃厚な作りに仕上げます。
特徴的なのは、最後に木の灰を加えること。灰がお酒の酸味を中和してくれるので、独特の風味に出来上がるんだそうです。