ご当地グルメうまいもの情報/B級グルメから調味料まで

うまいものを食べると、なぜか幸せになります。 うまいものが大好きな人のために、ご当地グルメや特産品、人気の食品や話題の商品など、 うまい食べ物の情報を紹介するブログです。

2014年08月

味噌ベースの冷たい汁に、きゅうり、シソなどの夏野菜を添えてアツアツの麦飯にかける。
これが冷汁です。

宮崎が有名ですが、発祥の地は鹿児島で、旧薩摩藩の一部だった宮崎県中央部に伝わり、いまに至っているという説があるそうです。

冷汁が「さつま」という名で西日本に伝わっているのがその証で、
宇和島や八幡濱、瀬戸内の島々、広島にも「安芸さつま」という名で残っているそうです。

愛媛県の宇和島の郷土料理に、「さつま」という料理があるそうで、
店や家庭によって違うんでしょうが、

ある有名店のつくり方は、
白身魚のほぐし身と麦味噌をすり合わせた汁を、麦飯にかけるんだそうですが、
薬味に愛媛特産のみかんの皮や、食感を出すためにこんにゃくをトッピングしたりするそうです。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。

テレ朝の、「学び! Eye」では、宮崎の冷汁が紹介されていました。

地域や家庭によって、作り方や味が違うそうで、
家庭家庭で代々受け継がれているとのことです。
これこそ「おふくろの味」。

鎌倉時代の書物にも記述が有るくらい歴史があるんだそうですが、
最近では冷汁ラーメンなるメニューも出現するほどの夏の人気風物詩になっているそうです。

番組では、
「僧侶にては、冷汁をかけまいらせ候」という記述が、鎌倉時代の記録にある、と紹介されていましたが、出典は明確にされていません。
この冷汁に一番近いのが宮崎の冷汁だということです。

天文8年(1539年)の奈良興福寺の『多聞院日記』というものにも、ヒヤ汁という記述があるんだそうですが(こんな本、読めるわけありません。講談社学術文庫の吉田元著、『日本の食と酒』という本に書いてありました)、
(′∀`)
ただ、時代もグッと下っていますし(戦国時代末、NHKの大河ドラマ、官兵衛さんの時代。)、このヒヤ汁はどうも別物のようです。

また、漁師さんたちが、船の上で、獲ったばかりの魚をさばいて、
味噌と氷水を豪快にぶっかけて食べるのとも違って、
もっと洗練されていますから、
全国に自慢できる名物ご当地グルであることは、間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

広島で人気のB級ご当地グルメ、汁なし坦々麺。

広島でも人気のあるお店での作り方は、

五番(ウーシャー)ラー油-いろんなスパイスが混じっている。
醤油ダレ-醤油、酢などもろもろがはいいている。
芝麻醤(チーマージャン)-ゴマペースト。
鶏ガラスープ。

これらのタレを、超強力脱水機まで使って完全に水分を飛ばした茹で麺にのせ、
肉味噌、青ネギ、山椒をトッピングして完成。

山椒は中国の山椒で、花椒(ホワジャン)というものだそうです。
これがなんとも華やかで、フルーティで、香りが立ってうまいんだそうです。

タレが何層にもなっていて、それぞれの層に、
甘味、辛味、痺れ(山椒)があるので、
食べる前にこれらを混ぜる、とにかく混ぜる、何度も混ぜる。
混ぜれば混ぜる程旨みが増すんだそうです。


坦々麺は四川料理ですが、四川料理は7つの味で出来ているそうで、

酸味、辛味、塩味、苦味、甘味、しびれ、香り

の7つだそうです。

坦々麺はこの中の、しびれ(山椒)と辛味(唐辛子)から出来ていて、
この刺激が癖になって、また食べたくなるんだそうです。

TVの画面で見ていても、なんとも食べたくなる一品でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お好み焼き、あなごめし、広島つけ麺、広島牛etc.

広島もご当地グルメ、B級グルメに事欠かない土地柄のようです。

その広島でも特に人気なのが、汁なし坦々麺。

特に汁なしと断っているのは、ご存じのように、日本の坦々麺はラーメンと同じように汁に浸っているからです。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

坦々麺は四川料理。
しかも政府の商標だそうで、認可されたお店でないと、坦々麺は出せないんだそうです。

伝統の味を守るために、1958年に、四川省がそう決めたんだそうです。
仕方がないので、多くの店は、別の名前で出ています。(『昔の名前で出ています』にかけたんだけど、わかってもらえたかなぁ。)
(●´ω`●)

ちなみに、四川省は寒い処なんで、塩分濃度はかなり高いそうです。

坦々麺の名前の由来は、行商人が天秤棒を担いで売り歩いからだとか。

汁があると重くてたまらないので、汁はなし、
つまり坦々麺は、本来汁なしなんです。

なぜ日本の坦々麺に汁があるのか、
それは陳健民氏が日本人向けに汁を加え、今の形にしたからだといわれています。

従って、中国の人に言わせれば、
「そんなの、坦々麺じゃねえよ。」
ということになるのかもしれません。


最近、和食がブームで、外国にある珍奇な寿司や和食を紹介する番組をよく見ますが、
奇妙奇天烈なお寿司やラーメンを見るたびに、
「そんなの、寿司じゃねえよ。」
と腹の中で笑っていたのですが、
これからは、少し慎むようにしなければ、と思う今日このごろです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ